弁護士紹介

  • HOME
  • 弁護士紹介

弁護士紹介

弁護士 兒玉 貴裕(Kodama Takahiro)

経歴

大阪府出身
平成24年 司法試験合格
平成25年 日本弁護士連合会登録(京都弁護士会)、いつわ法律事務所入所
平成29年 こかげ総合法律事務所開設

-債権回収の特徴-

経験に裏打ちされたクオリティ

京都の債権回収弁護士

“スピード重視”の債権回収サポートをご提供することで、お客様に満足していただける結果に繋げるように努めております。

これまでに多くの債権回収を経験していて、その豊富な実績はサポートの質に繋がるものと自負しています。

「支払いに応じない債務者にどのような手段を講じるか?」という方法の選択から、1つ1つのサポートのクオリティに至るまで、“経験の差”は現れると思います。

“最後、お金に換えること”を常に意識

弁護士に金銭請求事件を委任される方は、判決等をもらえればそれで満足というわけではないと思います。

弁護士にとっていかに有意義な勝訴判決であっても、最終的にお金が手に乗らないのであれば、多くの方にとってそれはいわば紙切れ同然であり、必然的に満足度の低い結果となってしまうのではないかと考えています。

だからこそ、私は、“最後、きっちりお金に換えること”に物凄くこだわっており、それを常に意識して債権回収をトータルでサポートしています。

“先を見据えた視点”を持ってサポートを展開

「債権回収において“先を見据えた視点”を持つことはサポートの質に直結する重要な要素だと考えています。

後先考えずに手続を進めていたのでは、最終的な回収可能性がアップすることはありません。

常に最終局面をイメージしながら通知の送付や訴訟提起等のタイミングをはかり、そうした準備段階の手続の段階からあらゆる局面で意識的に情報収集を行うことによって債権回収の可能性を高めていきます。つまり、初期段階(相談時,訴訟提起時等)から有益な情報が揃っているケースはそれほど多くないという現状を踏まえ、どのような情報が債権回収にとって重要か、そうした情報をどのようにして得ていくのかということに関するノウハウを駆使して早い段階から有益な情報の取得を試みていくのです。

 

 

 

可能性のある方法をすべてご提案

あきらめずに次の一手を打つことで何かが変わるかもしれないのが債権回収の醍醐味です。

他の弁護士が「あきらめたほうが良い」と言うような案件でも、依頼者の方の「まだあきらめたくない」という気持ちに寄り添って解決策を模索し、何かが変わる可能性のある限り次なる一手を提案し続けます。

なお、あらゆる検討をしても本当に可能性がないと考えられるケースについては、できる限り早い段階でその見解をお伝えし、その理由を丁寧に説明するように努めています。そのようなケースについては、ご相談者の方にとってそれが最善の選択になるはずだと考えているからです。

 

事務所概要

京都の弁護士兒玉貴裕債権回収専門法律事務所

事務所名 こかげ総合法律事務所
住所 〒604-0966 京都府京都市中京区夷川通富小路西入俵屋町306 TYビル3F
TEL 075-212-2230
FAX 075-212-2250
営業時間 9:00~17:00
休業日 土日祝

※事前予約で土日祝・時間外のご相談にも対応可

アクセス

最寄り駅

  • 地下鉄烏丸線「丸太町駅」7番出入口より、夷川通を東へ徒歩6分
  • 地下鉄東西線「京都市役所前駅」10番出入口より徒歩9分
  • 地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池駅」1番出入口より徒歩11分
  • 京阪電鉄「神宮丸太町駅」7番出入口より徒歩16分

※専用駐車場はございませんので、お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用ください(周辺は駐車禁止です)
※駐車券サービスは行っておりません

072-486-6480

お問い合わせ

>